よくある質問

Version imprimable Accès aux FAQ

商品説明

加入申込みをし、掛金を払い込めば、貴社はオンラインシステムをにアクセスすることが可能です。貴社はオンラインシステムでクレジットリミットを申請することができます。

補償対象とするためには、船積み前かサービスを提供する前に、損保ジャパン日本興亜に申請が必要です。必要な補償額が損保ジャパン日本興亜に承認されないリスクを避けるため、取引先と契約をする前か取引見込みの企業である時点で、貴社は補償額を予想して申請することが可能です。

ありません。

掛金には、保険料とクレジットリミット設定費用等のサービス費用が含まれています。

希望する取引先だけを選択して加入することはできません。必ず全ての輸出取引先を対象としてください。倒産や支払遅延をする企業は、必ずしも貴社が危険だと考えている企業でのみ発生するわけではありません。それゆえ、選択せず全ての貴社の輸出取引先を補償することが必要です。

なお、関連会社や国有企業および個人への取引は補償対象外となるため、掛金計算時にそれらとの取引による売上高は控除してください。

貴社の取引先と業種によるため、非常に難しい問題です。

まずは加入申し込みする前に取扱代理店または保険会社までお問い合わせください。事前に審査を行います。

加入する前にクレジットリミットを確認することが可能です。

なお加入した後でも、クレジットリミット額の合計が、保険の対象となる売上高の80%を超えない場合、保険契約に署名した後30日以内であれば、貴社は書面により本契約を解除することが可能です。

その取引先に対する取引は補償されませんので、掛売りでの取引はお勧めしません。もし貴社が掛売りを行い貸し倒れが発生した場合であっても、損保ジャパン日本興亜は補償しません。

損保ジャパン日本興亜により取引先の@レーティングやクレジットリミットが下がる場合や撤回となる場合、貴社は取引先と支払期日の調整や撤回を調整する必要があります。

掛金は、保険の対象となる売上高や貴社の概要(業種、取引先数)とオプションによって決まります。WEBオンラインで貴社のニーズにあった補償を選択することにより、数分で掛金を計算することが可能です。

「ネット de ゆとり」は簡単に加入できるよう設計されており、特に、中小企業のニーズに応える商品です。見積りをWEBオンラインで行うことが可能であり、数分で包括契約書を作成することができます。

(2016年4月28日より)

その他

貴社の取引先の財務内容を悪化させるような事象や状態に気がついたら、オンラインシステムを通じて申告してください。

もし損保ジャパン日本興亜が保険金以上の回収ができた場合には、貴社のインボイスの総額を上限に、差額を保険金としてお支払いします。

取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。

【引受保険会社・お問い合わせ先】日本商工会議所担当

損害保険ジャパン日本興亜株式会社 営業開発部第三課

受付時間:平日の午前9時から午後5時まで

住所:東京都千代田区霞が関3ー7ー3

【電話】 03-3349-3820

「承認番号 SJNK16-50005 2016年6月6日作成」